kyoto kimono audition |京都きものオーディション

京都きものオーディション2017
HOME > 歴史

ミスきもののこれまで

一番最初のきものコンテストが開催されたのは、1953(昭和28)年3月のことでした。
全国初のきものコンテストは、その年の秋に計画されたきものショウのモデルを選ぶためのコンテストでした。

第1回ミスきものミセスきものコンテスト会場 第1回コンテスト審査風景

京都織物卸商協会(略称:織協。京都織物卸商業組合(1969年~)の前身)が主催し、京都染織会館にて開催されました。

入賞者 上位入賞の方々

コンテストの上位入賞者が、第1回きものショウのモデルになりました。
最初のミスきものはグランプリを選ぶというような大会ではなくて、あくまでもショーのモデル審査であり、
ミセスも参加でき、たくさんの人がミス・ミセスきものに選ばれてモデルとして活躍しました。

このコンテストに入賞することは当時かなりの権威があったようで、
選ばれた方々のなかには、その後映画会社の目に止まり、 女優として活躍された方が何人もおられたそうです。

※参考文献)「織協50年のあゆみ」(社)京都織物商協会発行

その後、1967(昭和42)年には全国大会もスタートしました。
そして、 1991(平成3年)に「ミスきもの」から「きものの女王」に名称が変わり、
1994(平成6)年から「京都きものの女王ビューティーページェント」となり、
「京都きものの女王」4名を選ぶ選考会が開催されるようになりました。

2008京都きものの女王ビューティーページェント予選 2008京都きものの女王ビューティーページェント予選

毎年、たくさんの応募者の中から、きもの姿が美しく、知性・教養のある女性4名が「京都きものの女王」に選ばれました。
そして、1年の任期の間、京都の官公庁や諸団体等の公式行事に参加し、きものの普及とPRに貢献してきました。

2008京都きものの女王ビューティーページェント本選 2008京都きものの女王ビューティーページェント本選

長らく続いた「京都きものの女王ビューティーページェント」ですが、
「全日本きものの女王選出大会」休止を受けまして、「2008京都きものの女王」を最後に、休止となりました。
その後、きものの街・京都を代表する「京都きものの女王」の存在がなくなってしまったことを惜しむ声がたくさん寄せられ、
新たな事業を検討してまいりました。そして、満を持しまして、2010年秋より「京都きものオーディション」を開催。
2011年春、新たに、「京都・ミスきもの」が誕生しました。

2011オーディション 2011オーディション

 京都きものオーディションブログ 歴史のページへ